名刺作成はこだわるべき!反りが発生した場合の直し方も紹介!

名刺11

名刺はビジネスマンにとって必須アイテムです。名刺交換では、渡す名刺のデザインや品質によって、仕事相手に好印象を与えられるだけでなく、顔と名前を記憶してもらえる可能性もあります。このため、名刺の作成は材質や印刷方法などに関して、細かくこだわるべきと言えるでしょう。

しかし、印刷所から届いた名刺が反っているケースも少なくはありません。ここでは、名刺作成や反った名刺の対処方法などについて紹介します。

60年代の魅力的なデザインの名刺を取り入れる

名刺はビジネスマンの顔です!

初対面の人に対して受ける印象は、最初の挨拶が大きく影響するでしょう。ビジネスマンにとって名刺交換は、挨拶をしながら自分をアピールする最初の機会です。このため、名刺交換には細かなマナーが存在します。例えば、机越しに渡したり、交換した相手の名刺をその場でしまったりするのは、名刺交換ではマナー違反と言われている有名な行為です。

加えて、汚れが付着した名刺や折れ曲がっている名刺を渡すのも失礼な行為と見なされます。名刺は、ビジネスマンにとっての顔とも呼べるアイテムですから、礼儀知らずな人物だと思われてしまえば仕事に良い影響はないでしょう。

汚れたり反ったりしている名刺を持つ相手に対して、意識の低い人物だと感じるかは人それぞれでしょうが、初対面の相手に対して好印象を与えることに損はありません。加えて、低品質な名刺やデザインにこだわりが全く見られない名刺を渡せば、相手の記憶には残りにくいですし、覚えて貰ったとしても、やる気があるのかなどと相手に不安を与えかねないでしょう。

実際に仕事がデキると評価されている人の多くが美しく高品質な名刺を持っていると言われています。加えて、初対面で相手に与えた悪い印象を良いイメージにするには、上手くできて30分程度の時間がかかるとのデータがありますから、無駄な時間をかけないためにも名刺交換のマナーや名刺作成には気を配る必要があるでしょう。

名刺作成は業者の比較検討をしっかり行うべき

名刺は、名前や会社名、役職など文字で示されている情報だけでなく、持ち主の品格やビジネスに対する意気込みなど、文字では表現されない多くの情報を得られる小さな印刷物です。小さくても大切な印刷物ですから、作成する印刷所からこだわって探すのが良いでしょう。

名刺は作成する人の思いや意図などが込められていると言う意味で特殊ですが、実際に印刷物としても特殊なものです。なぜなら、マテリアルとなる紙の種類と印刷方法の組み合わせが無数に存在し、価格や品質がとても幅広い印刷物と言えます。

名刺作成を行っている印刷業者の広告に激安、破格などの言葉が掲載されているのをよく見かけます。安価な紙を使用すれば当然価格も安くなるでしょうが、もともと多くの作成方法がある名刺ですので、一社だけで安いか高いかを判断するのは難しい一面があります。

何を基準に安いとアピールしている印刷業者なのか見極める必要はあるでしょう。高品質な名刺をお得に作成したい場合は、価格表だけを見て判断するよりも、同じ材質と印刷方法の組み合わせがある業者を比較検討するようにしてください。

会社の形態によって異なる名刺の役職で使用できる表記

予算がなくても高品質の名刺は作れる

名刺13

安価な作成費を提案すれば名刺が売れると考える印刷業者では、あまりこだわった名刺作成ができないかもしれません。名刺を安く作るには、国外の品質が悪い紙を使用して、安い印刷機で刷ったり、大量生産を行ったりしているケースが少なくありません。

名刺に使用される紙は一般的に厚みがある種類ですから、印刷機が傷みやすいと言われています。大量に印刷をすればその分だけ機械は壊れやすくなり修理が必要でしょうし、修理を繰り返した上で酷使している印刷機では仕上がりが美しくなくなるでしょう。

ある程度作成費をかけてつくる方が、自分の希望を叶えやすいですし、見栄えのする名刺を手にすることができると言えます。とは言え、名刺作成にあまり多くのお金をかけられないケースはあるでしょう。名刺はビジネスマンの顔という意味に加えて、自己投資のひとつとも言われているものです。

見栄えがして品格を感じられる名刺が必要なら、作成枚数を減らして注文する手段があります。近年では、数十枚から名刺作成に応じてくれる印刷業者も存在しますから、量より質にこだわる作成方法を選択しやすいです。

今すぐ必要な名刺をつくるならオンデマンド印刷

名刺をスピーディーに作成したいユーザーがよく選択する印刷方法にオンデマンド印刷があります。オンデマンド印刷とは、カラーダイレクト印刷と呼ばれるレーザープリントを指すものです。パソコンから送信されたデータをレーザープリンターで印刷するもので、印刷原本を作成する必要がなく版を使用しません。

デジタルデータをダイレクトに出力するため、スピード印刷が可能ですから、1000枚程度の名刺がすぐに必要な場合は向いている印刷方法でしょう。しかし、数ミリのずれが生じたり、気温によって色が安定しなかったりするため細密なデザインには不向きなほか、プリンターによる印刷のためあまり厚みがある紙には印刷できないデメリットがあります。

加えて、紙に熱を与えてプリントするので紙が持つ水分が変化し、名刺自体が反った状態になるケースも少なくはありません。反った名刺をそのまま渡せば、渡された人が扱いにくいだけでなく、名刺交換のマナー違反になり得ますから、必ず反りを修正するようにしましょう。

名刺の反りを修正する方法や反りを避ける方法とは

名刺22

オンデマンド印刷で作成した名刺が反った状態で届いた場合、まずは名刺をボックスケースからすべて出しましょう。その際、名刺をバラバラにはしないで、束の状態で反った山側を上にして平らな場所に置きます。名刺の上に厚みのある本など重量感がある物をのせてしばらく放置してください。

オンデマンド印刷で水分量が変化した紙が自然に調湿することで、反りが少なくなり改善させられる場合があります。また、反りが発生しやすいのは片面印刷だと言われていますので、オンデマンド印刷をする時には両面印刷をするのも反りを避ける手段です。

紙がカールしにくいオンデマンド印刷機も登場しているので、注文する前に印刷機について業者へ問い合わせると良いでしょう。

名刺は大切なコミュニケーションツール

名刺はビジネスマンにとって大切なコミュニケーションツールです。名刺作成を安価に済ませたい場合でも、小ロットで作成すれば少ない予算で高級感ある名刺に仕上げられるでしょう。また、早期に名刺が必要な場合はオンデマンド印刷を選択する方法もあります。

名刺が反ってしまう現象が起きやすいですが、反りをあらかじめ修正して名刺交換に使うのがマナーです。

Posted on